五十にして惑わず

五十を過ぎて迷う事が少なくなったような気がします。

ハバツノオキテ

今日から12月に入りました。

最近は「師走」という言葉をあまり聞かなくなったような気がします。

時代の流れなのでしょうか。それとも私の耳に入って来ないだけとか?

 

一時期派閥解消が叫ばれていた自民党内ですが、ここ最近復活の兆しが見え始めていますね。

「○○派」いう名前は本来存在せず、「○○研究会」とか「○○会」と呼んでいる政策集団のトップの名前を使っているようです。

先日のブログで紹介しました、「安倍派」や「茂木派」など歴史ある派閥が代替わりし、力を誇示し始めてるような気がします。

2020年分の政治資金収支報告書によると、トップは二階派で約2億8千5百万、次いで麻生派の約2億7千万だそうです。

因みに一番少ないのは、石原派の4千3百万だそうです。

派閥としての主な収入源は、政治資金パーティですが、何故パーティを開くかというと、それは派閥を維持するための諸々の費用のためと思われます。

政治資金法によると、政治団体でなければパーティを開くことは出来ず、会費で得た収入から経費を差し引いた金額を収益として計上する目的で催すものらしいです。と、いうことで、最初から儲けるかどうか分からないパーティは、「政治資金パーティー」とは言わないらしいです。

派によっては、パーティー券販売のノルマがあるらしく、ある大臣経験者は、600万円のノルマを課せられていたとか。

政治資金パーティの収益は、「稼ぐ力」を意味するところですから、多ければ多いほど良いのは間違いありません。派閥の力学にも多少は影響するのかも知れません。

派の収入源として、その他に所属国会議員から月数万円の「会費」を徴収しているところもあるらしく、国会議員になると以外なところでお金がかかるもんなんですね。